2024 年 6月 21日 (金)
ホーム経済IT/メタバースAI医療市場、2030年には世界で約27兆円規模…韓国各社、診断・新薬分野でしのぎ

AI医療市場、2030年には世界で約27兆円規模…韓国各社、診断・新薬分野でしのぎ

(c)news1

次世代医療技術と呼ばれる人工知能(AI)医療産業が6年後の2030年には世界市場で240兆ウォン(約27兆円)規模に急成長すると予想され、関心を集めている。韓国保健産業政策研究院が明らかにしたグローバル市場調査企業の予測結果によるものだ。

米国の市場調査会社トランスファランシー・マーケット・リサーチの分析資料によると、2022年のグローバルAI医療市場は約90億ドル(11兆5000億ウォン)水準から、31年には1870億ドル(約250兆ウォン)規模に成長すると予想されている。

また、ドイツのビジネスデータプラットフォームのスタティスタの予測では、AI医療市場は2030年に約1880億ドル(250兆ウォン)となっている。

AI医療市場で最も注目されているのは診断の分野。ディープラーニング技術を基盤に患者の状態を早期診断し、最適な治療方法を探す技術だ。

世界売り上げ上位のAI医療企業の割合を見ても、診断分野の技術保有企業が多く、これに新薬開発企業が続いている。

韓国AI医療企業では、診断分野に▽Lunit▽VUNO▽JLK――などが名を連ね、Pharos IBioやSyntekaBioなどがAIによる新薬開発に取り組んでいる。

保健産業政策研究院は「AI基盤新薬開発は技術開発が売り上げに直結する点で重要な人工知能技術市場だ」と強調した。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular