2024 年 2月 26日 (月)
ホーム経済IT/メタバースAIヒューマンとなって帰ってきた夫…妻は涙をぬぐった

AIヒューマンとなって帰ってきた夫…妻は涙をぬぐった

夫のAIに会うリュ・スンユンさん(写真提供=ディープ・ブレインAI)©MONEYTODAY

リュ・スンユンさん(71)は、2カ月前に先立った夫イ・ビョンファルさんと、映像で「再会」した。

久しぶりに夫に再会できると思うと、リュ・スンユンさんは前日、眠れなかった。

韓国の人工知能(AI)専門企業「ディープ・ブレインAI(DeepBrainAI)」のメモリーショールームを訪問し、AIの夫に会い、自然な会話を交わすことができた。この様子が最近、あるテレビ番組によって放映された。

◇“サプライズプレゼント”

イ・ビョンファルさんは癌で余命6カ月を宣告された。1人になってしまう妻に「最後のプレゼント」を残したいと考え、ディープ・ブレーンAIの追慕サービス「リメモリー(Re;memory)」を受けることにした。

同社は今年6月13日、イ・ビョンファルさんと会い、好きな食べ物、趣味など多様なエピソードを聴き取り、プライベートについてインタビューしたうえ、撮影を進めた。その結果、シナリオとディープラーニングの学習を経て、外見、声、話し方までそっくりのAIヒューマンが完成した。イ・ビョンファルさんは撮影1週間後の同月20日、亡くなった。

「AIヒューマン」は・ビョンファルさんが妻に残した“サプライズプレゼント”だった。

◇多様な追慕サービス

ディープ・ブレインAIのリメモリーは、故人を追慕する新しいタイプのAI互助サービスを目指す。

プライベート空間で故人とコミュニケーションを取る「再会サービス」のほかにも▽故人が遺族に残した真心「ビデオレター」▽撮影当日の記憶を込めた故人の「インタビュー映像」▽額縁で提供する「家族写真」――など、多様な追慕サービスを提供する。

ディープ・ブレインAIのチャン・セヨン代表は「リメモリー・サービスを通じてイ・ビョンファルさん、リュ・スンユンさんの2人に意味あるプレゼントを差し上げることができた。今後も大切な家族を懐かしむ多くの方々に、温かい慰労を伝えられるよう、多様な形態のAI追慕サービスをつくり上げていきたい」と話した。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular