2024 年 6月 13日 (木)
ホーム社会9歳児を1人で病院に行かせ「一緒に来て」と求められると逆ギレ「虚偽」投稿…医師会が親を告発

9歳児を1人で病院に行かせ「一緒に来て」と求められると逆ギレ「虚偽」投稿…医師会が親を告発

(本文とは直接関係ありません)(c)news1

大韓小児青少年科医師会がこのほど、インターネット上で虚偽の情報を広めたなどとして、9歳児の親を児童虐待放任で刑事告発する意向を明らかにした。同医師会のイム・ヒョンテク会長が25日、SNSで表明した。

情報を整理すると、ある病院の小児科を9歳の子どもが1人で訪れた。初診で、病院側への事前の連絡もなかった。病院側は子どもに「親と一緒に来るように」と告げて帰らせた。すると、その親は保健所に「診療を拒否された」と苦情を伝えた。

この情報がインターネット上で拡散されると、苦情を入れた親とみられる人物がママカフェ(母親たちのコミュニティーサイト)に次のように書き込んだ。

「子どもが熱を出しているという。『病院を予約するから1人で行けるか』と聞くと『行ける』と言うので、午後2時の診療を予約して行かせた。ところが病院から『14歳以下は保護者の同伴なしには診療ができない』と連絡が来た。子どもが熱で苦しんでいるのに医師は私に『5分以内に来られるか』と聞いてきた。仕事中なのですぐには行けず、私の退勤時間に合わせて子どもを他の病院に行かせた」

病院側はこの主張を「虚偽だ」として反論した。院長は職員らの話を交えながら「子どもとうまくコミュニケーションを取れないので親に電話をして『30分ほど待つので、来たらすぐ診療を受けられるようにしておく』と伝えたが、怒って来なかった」と明かした。

その後、保護者とみられる人物は投稿を削除し、保健所への苦情も撤回したという。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular