2024 年 7月 13日 (土)
ホームライフスタイルトラベル6月から金浦・金海など5つの空港も海外22の空の道を開く

6月から金浦・金海など5つの空港も海外22の空の道を開く

©MONEYTODAY

韓国で来月から金浦(キンポ)―羽田、金海(キメ)―福岡、済州(チェジュ)―シンガポールをつなぐ空の道が開かれる。韓国空港公社は金浦や金海、済州、大邱(テグ)、襄陽(ヤンヤン)など5つの国際空港の運航路線を、これまでの6路線から22路線に、運航回数を週11回から68回に増やす計画を明らかにした。

同公社のユン・ヒョンジュン社長は24日、江西(カンソ)区韓国空港公社庁舎で開かれた就任100日記者懇談会で「国際線再開を最優先課題とし、地方空港と世界をつなぐ戦略として飛躍する」と明らかにした。

6月から金浦空港では日韓をつなぐ最も速い金浦―羽田路線が週8回(16便)、金海空港ではグアム、サイパン、福岡、バンコク、シンガポール、セブなど13路線が週38回(76便)、済州空港ではシンガポールとバンコク路線週5回(10便)が就航する予定だ。大邱空港はダナン、セブなど4路線週13回、襄陽空港はバンコク、フィリピンのクラークの2路線週4回(8便)。

現在、地方空港の国際線は金海と大邱空港の2カ所で6路線週11回(22便)を運航中で、2019年(週2495便運航)の0.5%だ。

ユン社長は3カ月間「ポストコロナ」に備えて国内外航空業界などと緊密に調整してきた。国内の格安航空会社(LCC)、フルサービスキャリア(FSC)をはじめ、旅行業界、免税業界などの代表らと相次いで面会し、国際線の正常化のための協力を強化した。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular