2024 年 2月 27日 (火)
ホーム経済IT/メタバース294万 VS 830万…サイワールド利用者の実態は? (下)

294万 VS 830万…サイワールド利用者の実態は? (下)

モバイルインデックス©MONEYTODAY

モバイルインデックスは今年4月、サイワールド利用者1人当たり平均使用時間が0.35時間(21分)、使用日数は5.01日だったと発表した。他のSNSの平均使用時間が10時間前後である点を考えあわせれば、振るわない結果だ。

これに対し、サイワールドジェットは、アプリ発売と同時にすべてのアルバムが公開されなかったことが影響したと釈明した。本格的なサービス開始前の利用時間を計算することは無意味だという説明だ。

サイワールドジェットは「4月13日まで休眠解除申請件数は300万件を越えたが、アルバムアップロードは50万件にもならなかった。大多数の利用者はアルバムがアップロードされたかだけを確認するため接続したので、当然、月利用時間にはならない」と話した。また「来週、アルバムのアップロード率が99%になる予定なので、正確な使用時間は6月から集計しなければならない」と強調した。

業界関係者はモバイルインデックスのようなデータ分析ソリューションは100%正確ではないが、誤差範囲は大きくはないと口をそろえる。

関係者は「内部データと外部指標間の差はあるが、格段に差が広がる場合は多くない。このために他社との競争力を比較する場合、外部指標を多く参考にする」と話した。

ゲーム業界関係者も「PCやコンソールなどモバイルアプリ以外の数値は反映されず、モバイルインデックスだけで競争力を判断することはできないが、モバイルアプリ部門では概して正しい」と耳打ちした。

また別の関係者もやはり、「業者ごとにMAUなどを算定する基準が異なるが、データ分析ソリューションは同じ基準と方法で業界を分析してみると他社と比較しやすい。信頼性を確保するために内部データより外部指標を活用する場合も多い」とした。

サイワールドジェット側は、サービス運営主体として自社の確度は高いと強調している。

同社は「モバイルインデックスは少数利用者のログデータを分析し、全体を把握する方式だ。サイワールドはオープン後、1カ月間の利用者の行動パターンが安定していなかったため、実際のデータと大きな誤差範囲が生じざるを得ない。当社はグーグル、アップルアプリマーケットで実際にダウンロードされる回数など正確なデータを算出している」と釈明している。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular