2024 年 5月 22日 (水)
ホーム政治・社会・経済2024年の大学入試、ソウルの主要大学、定時募集↑

2024年の大学入試、ソウルの主要大学、定時募集↑

©MONEYTODAY

韓国で現在の高校2年生が受ける2024年度の大学入試で、定時募集の割合が前年に比べて減少する見通しだ。ただソウル大や延世(ヨンセ)大、高麗(コリョ)大など、首都圏の主要大学ではその割合はむしろ増加するようだ。

韓国大学教育協議会と教育省が26日発表した「2024年度大学入学施行計画」によると、同年の大学募集人数は前年より4828人減少した34万4296人。学齢人口減少の影響で大学の募集人数が減った。

同年度の随時募集人員は全体の79%の27万2032人。随時募集の割合は▽2022年度75.7%▽2023年度78%――と上昇している。一方、定時募集は21%(7万2264人)となり、前年比1ポイント減。

ただ首都圏では定時募集の割合が前年比0.3ポイント上昇して35.6%だ。これは非首都圏大学の定時募集の割合(11.9%)より約3倍高い水準だ。ソウルでは定時募集の割合は39.2%に上る。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular