2024 年 5月 23日 (木)
ホームライフスタイルビューティー20代購入者が65%、「ジグザク・ビューティ館」が好調

20代購入者が65%、「ジグザク・ビューティ館」が好調

©news1

韓国カカオスタイルが運営するスタイル・コマース・プラットフォーム「ジグザグ(zigzag)」が先月1~11日のビューティー館オープンプロモーションで、取引額が17倍急増したと明らかにした。

ビューティー館の正式オープン後、プロモーションを進めたところ、ビューティー商品の販売を開始した昨年11月(11月15日~30日)と比べ、ビューティー商品の取引額が17倍(1619%)急増し、注文件数も18倍(1723%)増加した。プロモーション開始直前(3月21日~31日)と比べても取引額が500%増えた。

200余りの多様なビューティー・ブランドに適用できる割引クーポンと連日の体験特価などが客の好評につながったものと見られる。今回のオープンプロモーションでは、ビューティー・ブランド「エチュード」が最も高い取引額を記録した。また「ヘラ」と「スキンフード」などの取引額も高く、ビューティー・デバイス・ブランドである「ボダナ」、ネイルブランド「ユユユユユ」など、化粧品以外でも多様な商品が人気を集めた。

今回のオープンプロモーションでビューティー商品を購入した客のうち、20代の割合が65%で、10代(8%)や30代(20%)に比べて圧倒的に高い数値を示した。

カカオスタイルの関係者は「今回のオープンプロモーションでビューティー・カテゴリーに対する成長の可能性を確認した」と評価している。「ジグザグの客が喜びそうなビューティー・ブランドを持続的に発掘し便利に購入できる機能を高度化する一方、Kビューティーのレベルの高さを全世界に知らせることができるようグローバル・ビジネスにも拍車をかける」と意気込んでいる。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular