2024 年 6月 23日 (日)
ホーム政治12兆サムスン家も逃れられない相続税爆弾…政府、相続税改編に着手

12兆サムスン家も逃れられない相続税爆弾…政府、相続税改編に着手

©news1

韓国政府がこのほど、被相続人の遺産総額を基準に課税する「遺産税」方式の現行相続税制度を、個別の相続人が受け継いだ分に課税する「遺産取得税」方式に改編するための作業に着手した。

企画財政省は最近「相続税遺産取得課税体系導入のための法制化方案研究」用役の入札を公告した。この核心は、相続人が受け継ぐ財産分だけ税金を納めるようにする遺産取得税を導入するため細部の方式を決めるためだ。

政府は7月に発表した「税制改編案」で、相続税課税体系を遺産取得税方式に全面改編すると明らかにした経緯がある。現在は被相続人が残した財産総額に累進税率10~50%を課税する遺産税方式を適用している。特に課税標準30億ウォンを超える相続財産に対しては最高税率50%が賦課される。

こうした賦課方式であれば、相続人の負担が過度に加重されるという指摘が出た。2020年に故イ・ゴンヒ(李健煕)サムスングループ会長が死去した後、全体相続財産価額(18兆9633億ウォン)の半分以上となる12兆ウォンの相続税が課税されたという事例もあった。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular