2024 年 5月 24日 (金)
ホーム政治10兆円を超えた韓国の滞納額…上位1%が納めていない税金、全体の半分近く

10兆円を超えた韓国の滞納額…上位1%が納めていない税金、全体の半分近く

写真は記事とは関係ありません(c)news1

韓国国税庁の累計滞納額が100兆ウォン(約10兆円)を超えるなか、全体の1.1%に過ぎない10億ウォン(約1億円)以上の滞納者が滞納額全体の半分近くを占めていることがわかった。

国税庁国税統計ポータル(TASIS)によると、昨年末の国税累計滞納額は102兆5140億ウォンだ。2021年末に99兆8607億ウォンだった国税累計滞納額は2兆6533億ウォン増え、100兆ウォンを超えた。

滞納者は計132万5937人だ。2021年末の127万5513人より5万424人増えた。滞納件数は同期間485万8022件から499万2052件へと13万4030件増えた。

滞納者を滞納額規模に分けてみると、500万ウォン未満が62万8224人で全体の47.4%。これに▽1000万~5000万ウォンの29万9583人▽500万~1000万ウォンの13万8551人▽5000万~1億ウォンの10万1705人▽1億~2億ウォンの7万2896人▽2億~5億ウォンの5万2939人▽5億~10億ウォンの1万7610人▽10億ウォン以上の1万4429人――が続いた。

10億ウォン以上滞納者は全体の1.1%に過ぎないが、この人々が滞納した金額は計47兆1295億ウォンで全体の46%に達する。これに▽2億~5億ウォンの16兆2842億ウォン▽5億~10億ウォンの12兆2722億ウォン▽1億~2億ウォンの10兆2961億ウォン――が続く。500万ウォン未満は9551億ウォンだ。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular