2024 年 2月 27日 (火)
ホーム経済1月のソウルのマンションの52%は取引価格下落

1月のソウルのマンションの52%は取引価格下落

©news1

ソウルのマンションで今年1月に実際に取引されたもののうち50%以上が、直前の取引に比べて価格が下落したことがわかった。首都圏全体の下落取引も50%に迫ったことが確認された。

韓国国会・国土交通委員会所属のキム・フェジェ「共に民主党」議員が国土交通省から提出された資料によると、先月の首都圏のマンション取引2337件のうち1162件が直前の取引に比べ取引価格が下落したことがわかった。

これは全体の取引のうち、3カ月以内に同一の団地に取引があり、上昇・下落を比較できる事例を集計したものだ。

割合では49.7%に当たる取引価格が直前比で取引価格が下がったことになる。同月、価格が上昇した取引は1024件(43.8%)、価格横ばいの取引は151件(6.5%)という調査結果だ。

1月のソウルのマンション下落取引の割合は52.1%だ。12月の53.0%に比べてやや減少したものの、2カ月連続下落取引の割合が半分を超えた。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular