2024 年 5月 23日 (木)
ホーム特集Startup~成功のカギ髪を乾かすと病気になりそう…娘たちのために作った革新ドライヤー (下)

髪を乾かすと病気になりそう…娘たちのために作った革新ドライヤー (下)

Startup Story ~~ 成功のカギ

「純粋な風(SOONSOO BARAM)」 キム・ミンス代表

「純粋な風」のキム・ミンス代表©MONEYTODAY

微細粉塵とラドンはほとんど発生しない。韓国生産技術研究院で、ヘアドライヤー専用微細粉塵測定器で微細粉塵発生の有無をテストしてほとんど出てこないことを確認し、韓国基礎科学研究院から「ラドンが出てこなかった」という試験結果書を受け取った。

デジタル制御装置によって温度と風の強さを調節できるのも長所だ。この他に頭皮専用ブラシを使用した頭皮ケア管理が可能で、低消費電力(850w)で電気代節減効果もある。

純粋な風は、韓国国内はもちろん、日本にもクラウドファンディングで販売する予定だ。さらに、後続製品として低騒音のペット用ドライヤーも開発中だ。キム代表は年末頃、騒音を減らしたヘアドライヤーを発売すると明らかにした。

「純粋な風」ドライヤーから出る電磁波を測定した結果、本体から7.6mG、ハンドルからは5.1mGに止まった©MONEYTODAY

◇空気清浄機で事業領域を拡大…湿式フィルター開発

ヘアドライヤーの開発に続き、純粋な風は湿式フィルター空気清浄機の開発にも乗り出し、事業領域を生活家電に拡大した。

一般の空気清浄機は、HEPAフィルターを使用して廃棄物が発生する半面、純粋な風が開発した湿式フィルターは水で微細粉塵はもちろん有害ガスも除去する。韓国建設生活環境試験研究院で湿式フィルター性能試験を実施した結果、大腸菌、肺炎菌、ウイルスなど浮遊微生物が99.9%除去されたことが分かった。

合わせて韓国環境産業技術院R&D(研究・開発)の課題として湿式フィルター空気清浄機と浄水器を結合した製品を開発中であり、来年は中小ベンチャー企業省のR&D課題として畜産用湿式フィルター送風機を開発する予定だ。

キム代表は「ドライヤーを美容室に納品してタオルを乾かすのが難しいという話を聞いた。空気清浄機から暖かい風が出れば、タオルも乾かすことができるのではないか、という考えで空気清浄機を開発することになった。一般の空気清浄機はフィルターを適時に交換する必要があり、環境にやさしい湿式フィルターを開発した」と話した。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular