2024 年 6月 17日 (月)
ホーム社会高すぎるウォーターパーク、韓国の親たちが広がるため息

高すぎるウォーターパーク、韓国の親たちが広がるため息

ウォーターパーク内の飲食価格(写真=オンラインコミュニティ)(c)MONEYTODAY

子どもたちの夏休みを控えてウォーターパークやプールビラへ遊びに行こうとした韓国の親たちが、高騰する物価に悩みを深めている。

最近、家族とウォーターパークに行ったというネットユーザーはオンラインコミュニティで「もうお金がもったいなくてウォーターパークには行けない」と高い料金を嘆いた。

4人家族で1日の経費が計28万9000ウォン(1ウォン=約0.11円)もかかったといい、「4人がピザ1個、飲み物4個、ホットドッグ2個注文したら4万6000ウォン。コーヒー1杯は6000ウォン」と書き込んだ。

ウォーターパーク内の飲食代金が高すぎるという指摘は以前からあった。飲食物の持ち込みを禁止している一方、内部で販売している飲食物の価格が市中の2~3倍もするからだ。

最近オンラインコミュニティに上がったあるウォーターパーク内の飲食価格を見ると、トッポッキと天ぷらが1万5000ウォン、エビチャーハンとおでんスープが1万8000ウォンなどとなっていた。

そもそも利用料金が高すぎるという不満もある。江原道(カンウォンド)のウォーターパークの成人入場料(7月15日~8月20日)は1人8万9000ウォン(週末基準)。これは先月(7万ウォン)より1万9000ウォン値上がりした価格だ。

宿泊施設の料金も高騰しており、繁忙期である7~8月のキッズプールビラ1泊の価格は100万ウォンをはるかに超えるという。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular