2024 年 7月 16日 (火)
ホーム政治・社会・経済養育費が最も多くかかる…1位韓国、2位中国

養育費が最も多くかかる…1位韓国、2位中国

(本文とは関係ありません)©NEWSIS

米CNNは9日、韓国が世界で養育費が最も多くかかる国の第1位にランクされたと伝えた。1人当たりの国内総生産(GDP)のうち、出生から18歳まで養育費の割合が最も高い国が韓国、2位は中国、3位はイタリアだった。

米投資銀行大手のジェフリーズ・ファイナンシャル・グループ(JEF)と中国のシンクタンク「育媧人口研究(YuWa Population Research)」の研究結果で明らかになった。

ジェフリーズは、韓国と中国で養育費が最も高い背景として、教育費と保育費などを挙げた。中国の場合、未就学児童教育や保育サービスは最近まで大半が私設で運営されたと説明した。

中国では18歳までにかかる養育費が7万5000ドルで、大学に進学する場合には2万2000ドルが追加でかかるという。

ただ、養育費の絶対値を基準にした場合、中国は最も高いという評価になる。ジェフリーズの研究者らは「平均可処分所得で資料を調整した場合、中国は子供を育てる最も高い国になる」と説明した。

また「多くの西欧諸国では国が教育資金を貸し付けるのが一般的だ。親の負担が減る一方で、子供が自ら負担を抱えなければならない」と分析した。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular