2024 年 6月 23日 (日)
ホームエンターテインメント韓流人気グループのメンバー、麻薬容疑で在宅起訴

韓流人気グループのメンバー、麻薬容疑で在宅起訴

G-DRAGON(c)news1

韓国仁川警察庁は25日、男性グループ「BIGBANG」のメンバー、G-DRAGON(ジードラゴン、本名クォン・ジヨン、35)を麻薬類管理に関する法律違反の罪で在宅起訴した。

G-DRAGONをめぐっては、2011年5月、日本で大麻を吸引した容疑がもたれ、毛髪検査を受けて陽性反応が出た。ただ、この時、ソウル中央地検は▽初犯である▽検出されたのは麻薬事犯の処罰基準に及ばない量だった――などを考慮し、起訴猶予処分を下した。

今回の件について、G-DRAGONの前所属事務所YGエンターテインメントは25日、news1に「現在、当社所属アーティストではないため、公式的な対応が難しい」と立場を示している。

同警察は、韓国の大物俳優イ・ソンギュンさん(48)についても違法薬物使用の疑いで捜査を進めている。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular