2024 年 5月 22日 (水)
ホームエンターテインメント韓流ファンプラットフォームに広告…規模拡大で収益向上模索

韓流ファンプラットフォームに広告…規模拡大で収益向上模索

HYBE社屋(c)news1

韓国のファンダム(ファン集団)プラットフォーム「ウィバース(Weverse)」が、早ければ下半期に購読型メンバーシップサービスを発売する一方で広告を導入する。ウィバースが外形的に大きく成長したことを受け、収益向上を模索しているようだ。

韓国の芸能企画者ハイブ(HYBE)傘下「ウィーバーズカンパニー」のチェ・ジュンウォン代表は最近、HYBE実績発表コンファレンスコールで「安定したリアルタイム映像の発信環境を構築するため、ウィーバーズでの広告サービス導入を検討している」と明らかにした。

またウィーバーズは6月に開催される「ウィーバーズコン(Weverse Con)フェスティバル」で、アーティストの写真を利用し、希望するデザインで公式商品を注文できるサービスを展開する。

第3四半期(7~9月)には多様なサービスを一つにまとめて統合経験できるメンバーシップサービスを、購読形式で発売する予定。これにはグローバル利用者のためのリアルタイム字幕サービス、ファンレター、手書きサービスなどの特典が含まれる。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular