2024 年 6月 21日 (金)
ホームエンターテインメント韓流トップ俳優の異常行動を通報…敏腕女性官僚「違法な処方、すべてお見通し」

韓流トップ俳優の異常行動を通報…敏腕女性官僚「違法な処方、すべてお見通し」

韓国食品医薬品安全処のオ・ユギョン(呉裕耕)処長(中央)(c)news1

韓国食品医薬品安全処のオ・ユギョン(呉裕耕)処長(次官級)がこのほど、ソウル市内で記者懇談会を開き、「麻薬類統合管理システム(NIMS)」を通じて異常な処方を摘発し続けると宣言した。

同処は昨年、NIMSを使って、全身麻酔や鎮静に用いられる「プロポフォール」の誤用・乱用が疑われる医師と患者51人を発見し、警察に通報した。このリストに韓流トップ俳優のユ・アイン(本名オム・ホンシク)が含まれていた。

韓国では、麻薬類の誤用・乱用問題が深刻化している。患者1人が複数の病院を回りながらプロポフォールを何度も処方される例が相次いでいる。同処は2018年にNIMSを導入し、向精神薬と麻薬類処方・流通などを追跡している。

NIMSには現在、約6億5000万のデータベースが保管されているという。オ・ユギョン氏は「NIMSが極めて精密に(麻薬類の処方に関する)異常な兆候を把握している。どんな処方がなされたか、NIMSがすべて知っている」と強調した。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular