2024 年 7月 19日 (金)
ホームエンターテインメント韓流スター、ソン・スンホンのビル投資で鬼才…550億の利ざや

韓流スター、ソン・スンホンのビル投資で鬼才…550億の利ざや

ソン・スンホン©NEWSIS

韓国KBS第2テレビで28日に放送された「芸能ライブ」で、韓流スターたちによるビル投資がテーマになり、ソン・スンホンが「ビル投資の鬼才」として浮上した。

ソン・スンホンは2006年に114億ウォンで購入した蚕院洞(ソウル市瑞草区)のビルが、2014年には250億ウォンを超え、現在、350億ウォンまで値上がりした。前方に江南大路、後方にグルメ通り、隣には新沙駅がある。3つの路線が通るトリプル駅周辺だ。

ソン・スンホンは裏側の建物も36億ウォンで買い入れた。既存のビルも含めた買い入れ価格は約150億ウォン。専門家は「将来、建物を新築すれば1坪当たり3億ウォン以上になる。総面積が233坪。700億ウォン以上価値がある」と指摘する。この分析通りであれば、ソン・スンホンは550億ウォンの差益を得ることができる。

2位は俳優シン・ミナ。龍山駅と三角地との間に位置する1932年建造の木造建物を2018年に55億ウォンで購入。現在は地価だけで100億ウォンだ。購入後、建物すべてを撤去し、駐車場として運営し、2020年には自分や知人敷地を含めた土地にビルを建設。敷地は計250坪で、かなり大規模なビルが誕生するものとみられる。

3位のチャン・ドンゴンは2011年、漢南洞のビルを126億ウォンで購入した。2012年に同じ規模のビルを歌手Psyが78億ウォンで購入して投資に失敗したという話もあったが、チャン・ドンゴンのビルは現在、200億ウォンまで高騰している。

4位のハン・イェスルは論硯洞のミニビルを、相場より安い34億ウォンで買い入れた。傾斜面に位置する建物で、半分以上の地上層が「地下」とみなされる。現行法では容積率に含まれず、新築の時にさらに高い建物をたてられる。2021年に70億ウォンで売却した。

5位はグループ「BIGBANG」のテヤン。地上7階・地下1階のビルを相場より安い77億ウォンで買い入れた。2016年に再開発が予定され、地価が上昇した区域の近くに位置する。特別計画区域に指定され、公園にもなりえる土地だ。テヤンは将来的に建物が消えるかもしれないという危険を冒して投資した。ビル購入後、俳優ミン・ヒョリンと結婚、軍服務中に公園開発が中止になって価格が上昇し、現在は150億ウォンになっている。

6位は俳優ユ・アイン、7位は歌手イ・ヒョリ、8位はグループ「Brown Eyed Soul」でジョンヨプ、9位は俳優パク・ソジュン、10位は歌手チャン・ボムジュン。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular