2024 年 6月 24日 (月)
ホーム経済OTT韓国OTTティービングが“成長痛”…コンテンツ投資競争で赤字増

韓国OTTティービングが“成長痛”…コンテンツ投資競争で赤字増

ティービングのヤン・ジウル代表(写真提供=ティービング)(c)MONEYTODAY

韓国のオンライン動画サービス(OTT)1位のティービング(TVING)が成長の苦しみを味わっている。オリジナルコンテンツ投資競争で営業赤字が増える割に、購読者数の伸びは当初の期待に及ばず、ヤン・ジウル代表の交代説まで浮上した。結局、オリジナル競争に資金を注ぎ込むより「コンテンツプラットフォーム」の地位を強化する戦略を選んだようだ。

関連業界関係者によると、ヤン代表が今年10月までの任期を満たさずに交代するという観測が流れた。戦略変更にあたりCEO(最高経営者)の交替が取り沙汰されたのだ。

ヤン代表は2020年6月からティービングを率い、オリジナルコンテンツで市場に定着。韓国OTTの1位を獲得したが、収益性に足を引っ張られた。世界1位のネットフリックスに対抗しながら市場シェアを維持するためにコンテンツ投資をやめることはできず、製作費上昇で赤字は雪だるま式に増えた。

ティービングは昨年だけで1192億ウォン(1ウォン=約0.1円)の営業損失を記録している。親会社のCJ ENMが強力なリストラに突入したため、ティービングも「オリジナルコンテンツ拡大」だけに固執することはできないと見られている。

ヤン代表の後任に有力視されているトレンビのチェ・ジュヒ事業総括代表の履歴は、ティービングの変化にふさわしいと見られている。コンテンツ業界のある関係者は「チェ代表はかつてボストンコンサルティンググループとディズニーで戦略コンサルティングを担当しただけに、コンテンツ事業に対してよく理解している」と評価した。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular