2024 年 6月 23日 (日)
ホーム経済IT/メタバース韓国LG電子、2030年に「グローバルトップ10の電装メーカー」

韓国LG電子、2030年に「グローバルトップ10の電装メーカー」

12日、LGサイエンスパークで記者発表をするチョ・ジュワン社長(写真=LG電子)(c)KOREA WAVE

韓国LG電子が自動車電装事業で2030年までに売り上げ20兆ウォンを達成し、グローバルトップ10の電装メーカーに跳躍するという目標を立てた。これは今年のVS(Vehicle component Solutions)事業部の売り上げ展望値(10兆ウォン)の倍の金額だ。電装事業がすなわち「LG電子の未来」という意味合いを帯びている。

また、LG電子は韓国市場で今年始まった電気自動車充電ソリューションの新事業を来年のグローバル市場に拡大し、2030年までに売り上げ1兆ウォンに成長させるという目標も提示した。

LG電子が12日、ソウル・麻谷(マゴク)のLGサイエンスパークで開いた記者懇談会で明らかにした。

チョ・ジュワン社長は、B2B事業の軸である電装産業について「電気自動車、自動運転のような未来の変化と、デジタル技術の進化、そしてサブスク経済のようなトレンドが大衆化されたことで、重要な転換点を迎えている」との見解を示した。

そのうえでVS本部について「未来自動車市場の核心であるインフォテインメント、電気自動車部品、知能型ランプの3つの電装事業に力を入れている。これらは、LG電子の未来に向けた非常に重要な成長動力と位置づけられている」と強調した。

今年で10周年を迎えたLG電子の電装事業は▽VS事業部(車両用インフォテインメント)▽子会社LGマグナ(電気自動車部品)▽子会社ZKW(車両用ランプ)が担う。

LG電子電装事業の受注残高は今年末、100兆ウォンに迫ると予想されている。受注残高の分野別割合は▽インフォテインメント50%▽電気自動車部品(イーパワートレイン)30%▽車両用ランプ20%――となる見通し。

最近、LG電子は車両電動化、コネクテッドサービスなどのトレンドに対応し、自動運転、ソフトウェアソリューション、コンテンツなど未来モビリティ領域の新規の機会を模索している。

その中で、新事業の電気自動車充電器ソリューションについて、今年の国内発売に続き、来年はグローバル市場に進出する計画だ。

LG電子は昨年買収した電気自動車充電企業「アップルマンゴー」を「HiEV CHARGER」に社名を変え、今年5月から電気自動車充電器4種の発売や生産に入った。電気自動車充電器事業は来年の第2四半期に米国市場に、下半期には欧州、アジア市場にそれぞれ進出する計画だ。

チョ社長は「電気自動車充電市場は、2030年までに毎年30%ずつ成長し、8倍規模に拡大すると予想されるメガトレンドの一つだ。LG電子は電気自動車充電事業を2段階に分けて進める」と述べた。

LG電子のHiEV CHARGER電気自動車充電器のラインナップ(写真左から)100kW、200kW、7kWスタンド型、7kW壁付型(写真=LG電子)(c)KOREA WAVE

第1段階では、LGエレクトロニクスは製品のリーダーシップと、安定した保守サービスを提供するEV充電器事業者として参入し、中長期的には差別化された運営サービスを提供する充電ソリューション企業として確立していく。

第2段階(ソリューション領域)では、グループ内でLGエネルギーソリューションとバッテリー診断について協力し、LGイノテックとパワーモジュール部品の領域で能力を結集する。また、外部のパートナーシップを通じて、ソリューションに関するアイデアを具体化していく。

ただ、LG電子は電気自動車充電器事業では後発ランナーだ。ただ、LG電子はライバル会社との差別化ポイントとして「製造経験」を挙げた。

LG電子VS事業本部長副社長のウン・ソクヒョン氏は「LG電子の長所は長い間製造で蓄積した品質とサービス領域だ。これまでB2B事業をこなしながら、国内外ホテル、病院などのパートナーを確保している」とした。

(c)KOREA WAVE

RELATED ARTICLES

Most Popular