2024 年 7月 20日 (土)
ホーム政治・社会・経済韓国66歳以上の貧困リスク、OECDトップ

韓国66歳以上の貧困リスク、OECDトップ

(本文とは関係ありません)©MONEYTODAY

韓国の66歳以上の高齢者の相対的貧困危険度が、経済協力開発機構(OECD)主要国の中で最も高いことがわかった。統計庁はこのほど、こうした内容を盛り込んだ「韓国のSDGs履行報告書2022」を発刊した。

統計庁の家計金融福祉調査によると、韓国の処分所得の相対的貧困率は2020年15.3%で、2011年の18.6%以降縮小した。年齢別に見ると、18~65歳の貧困率は10.6%にとどまったが、66歳以上の貧困率は40.4%だった。

66歳以上の貧困率を分けて比較すると、66~75歳の貧困率は2011年の43.5%から2020年31.4%に低下する傾向を見せたが、76歳以上は2011年55.3%から2020年52.0%で大きな変化はなかった。

相対的貧困率は、平均の世帯所得を基準とした中位所得の50%以下の所得の世帯に属する人口の割合だ。高齢者のうち公的年金未受給者が多く、年金額も少なく貧困率が高いものと分析される。

66歳以上の貧困率を18~65歳の貧困率で割った相対的貧困危険度を比較すると、OECD諸国の中で韓国が最も高かった。2018年の貧困危険度は367.8%で、スイス(250.0%)、オーストラリア(246.9%)、日本(153.8%)を上回った。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular