2024 年 5月 27日 (月)
ホーム経済韓国貿易収支、13カ月連続赤字…対中赤字、6カ月継続

韓国貿易収支、13カ月連続赤字…対中赤字、6カ月継続

京畿道(キョンギド)平沢(ピョンテク)港の輸出野積場に積まれているコンテナ(c)news1

韓国の貿易収支が13カ月連続で赤字を記録した。今年第1四半期(1~3月)の赤字額は、過去最大を記録した昨年の貿易赤字額の半分に既に近づいている。対中国貿易赤字も6カ月間続き、さらに危機感が高まっている。

輸出減少が6カ月連続で続いたのは新型コロナウイルス感染拡散初期の2020年8月以来。13カ月連続貿易赤字は1997年5月以後で初めて。ただ、冬季を過ぎて輸入額増加の相当部分を占めていたエネルギー輸入量が減り、価格も下落傾向である点は今後の貿易収支改善要因になるものとみられる。

産業通商資源省が1日発表した「2023年3月輸出入動向」によると、韓国の輸出は先月で551億ドル、輸入は597億ドル。貿易収支は46億2000万ドルの赤字を出した。今年に入って1~3月の累積貿易収支赤字額は226億ドルで、3カ月で昨年の貿易赤字447億9000万ドルの47.8%に近づいた。

貿易収支連続赤字の主な要因は、エネルギー価格上昇による輸入額の増加傾向が続いたうえ、世界景気鈍化の中で韓国の輸出をけん引する半導体景気の悪化が重なったことだ。韓国最大の貿易国であり、半導体最大の輸出国である中国の景気回復の遅れも主な要因として挙げられる。

輸出は前年同月(638億ドル)より13.6%減少した551億2000万ドルとなった。輸出規模は昨年9月以降6カ月ぶりに550億ドル台を回復したが、輸入額がさらに大きいため黒字転換できなかった。

輸出減少は、過去最大を記録した昨年3月と比べた「ベース効果」(前年の特殊な動きが翌年の「対前年同月比」に影響を与えること)に、韓国最大の輸出品目である半導体業況の急激な悪化が重なった影響が大きい。需要減少で販売価格も大幅に下落した半導体輸出は86億ドルで、前年同月に比べ34.5%急減した。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular