2024 年 4月 20日 (土)
ホーム新着韓国財界で世代交代が加速…1980年代生まれ3~4世経営者が登場

韓国財界で世代交代が加速…1980年代生まれ3~4世経営者が登場

©news1

韓国財界で、3~4世による経営の時代が始まりつつある。今年、現代重工業をはじめ、SK、ロッテ、ハンファ、GS、錦湖(クムホ)石油化学などで3~4世が経営の前面に登場した。

多くが30代と40代前半で、グループを総括する持株会社の常勤取締役などになっている。今後、持分を増やして経営権の継承に乗り出すものとみられる。

◇錦湖、コーロン、HD現代、SK

錦湖石油化学グループのパク・チャング会長の長男パク・チュンギョン副社長は21日、臨時株主総会で常任取締役に選任された。1978年生まれのパク副社長は、錦湖石油化学の持分7.21%を保有している個人2大株主だ。

コーロン(KOLON)グループでは4世による経営が始まった。イ・ウンヨル名誉会長の長男であるコーロングローバル自動車部門のイ・ギュホ副社長(1984年生まれ)が初めて系列会社の代表に就任した。7日には有名ファッションデザイナーのウ・ヨンミさんの娘と結婚した。

現代重工業の持ち株会社「HD現代」の筆頭株主はチョン・モンジュン(鄭夢準)アサン(峨山)財団理事長。長男チョン・ギソン(鄭基善)社長は「未登記役員」から退いた。1982年生まれのチョン社長は、HD現代の3月の株主総会で常任取締役に選任された。

SKグループでは、チェ・シンウォン元SKネットワークス会長の長男であるチェ・ソンファン事業総括が今年、SKネットワークスの常任取締役に就任した。1981年生まれ。SKグループオーナー3世の中で最初に経営に携わることになった。

©news1

◇ハンファ、ロッテ、GS、韓進、CJ

ハンファグループのキム・スンヨン会長の長男で、ハンファソリューションのキム・ドングァン社長も、株式会社ハンファの株主総会で新規に常勤取締役に選任された。1983年生まれでハーバード大学在学時、韓国人学生会長として活動するほどのリーダーシップが認められた。

ロッテグループのシン・ドンビン(辛東彬)会長の長男、ロッテケミカル日本支社のシン・ユヨル常務(1986年生まれ)は役員に昇進し、3世継承のための本格的な経営修行に入った。2020年、日本のロッテとロッテホールディングスに部長として入社したのに続き、今回未登記取締役として名を連ねた。日本の大学を卒業した後、米コロンビア大学経営学修士(MBA)を修めた。最初の職場はシン・ドンビン会長と同じ野村証券から出発した。国籍も日本だ。

GSカルテックスのホ・ドンス名誉会長の長男であるGSカルテックスのホ・セホン代表は今年3月、取締役会議長に就任した。ホ・ジンス議長が3年の任期を終えて一線から退き、ホ代表が後を受け継いだ。

韓進(ハンジン)グループでは、3世のチョ・ヒョンミン韓進副社長が今年、社長に昇進。CJグループのイ・ジェヒョン会長の長男イ・ソンホ氏は取締役に昇進した。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular