2024 年 2月 29日 (木)
ホーム国際韓国製造業、脱中国ラッシュ…それでも中国から離れられない食品業界

韓国製造業、脱中国ラッシュ…それでも中国から離れられない食品業界

ソウル・明洞通りに立つ中国語ができる観光案内員(c)news1

米中貿易紛争の影響で中国依存度が高かった韓国の輸出は米国・欧州に移行しつつあるが、食品業界はなかなか「中国離れ」が進んでいないようだ。

主要企業の中国の現地工場は縮小している。サムスン電子は天津、恵州のスマートフォン工場を撤収し、2020年には蘇州のディスプレー工場を売却した。LG電子も天津、昆山、瀋陽の事業所を撤退し、現代(ヒョンデ)自動車も北京第1工場を2021年に売却した。

これに対して農産・食品の対中国輸出は2023年に平均10%の増加傾向を見せた。

DS投資証券の報告書では、オリオンの中国地域での売り上げは1兆2107億ウォン(1ウォン=約0.11円)と見込まれ、国内実績(9391億ウォン)を上回った。三養(サンヤム)食品の中国売り上げは2455億ウォンと展望され、前年比90.4%の伸びが予想される。

現地生産施設も相変わらずだ。CJ第一製糖、オリオン、テサン、プルムウォン、農心(ノンシン)などは北京、上海、青島、瀋陽など中国各地で工場を運営している。

業界関係者は「他の業界と違って食べ物は簡単に変わらない。K-カルチャーの影響が大きいことも中国市場の大きな要素。中国は人口が多いだけに食品業界としては諦められない市場だ」と説明した。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular