2024 年 6月 23日 (日)
ホーム政治韓国経済「景気低迷」上半期だけは持ちこたえようと思うが…「下半期も楽観できず」

韓国経済「景気低迷」上半期だけは持ちこたえようと思うが…「下半期も楽観できず」

半導体輸出船積み関連の関係者の説明を聞くチュ・ギョンホ(秋慶鎬 )経済副首相兼企画財政相(企画財政省提供)(c)news1

今年の韓国経済が上半期に景気低迷が集中する「上低下高」の流れを見せるという展望が優勢になっている。金利引き上げに伴う景気鈍化、輸出不振など不確実性が大きくなり「上低」が予想より長引きかねないという懸念が出ている。

韓国開発研究院(KDI)は9日、「2023年1月経済動向」で「韓国経済は最近、製造業を中心に輸出不振が深刻化し、景気鈍化が可視化している」と評価した。

昨年11月に「景気鈍化の可能性を示唆する指標が増えた」、同12月に「景気鈍化の可能性が高まっている」と、それぞれ診断したことと比較すると、景気鈍化が本格化したという意味だ。

国内主要経済機関のトップらも今年の韓国経済が「上底」の流れであると展望している。チュ・ギョンホ(秋慶鎬)経済副首相兼企画財政相は昨年最後の非常経済長官会議で「韓国経済の内外環境は依然として非常に厳しく、特に対外環境の悪化などで来年上半期はよりいっそう困難になると予想される」と話していた。

韓国銀行のイ・チャンヨン(李昌鏞)総裁も「来年の景気は特に上半期にかなり厳しいと予測している。低迷に向かうかどうかのボーダーラインにある」と述べた。

経済機関のトップが上半期の景気が難しいと展望しながらも、下半期の回復を楽観できない背景には、予想より「上底」の流れが長くなりかねないという計算があると見られる。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular