2024 年 5月 22日 (水)
ホームライフスタイルトラベル韓国空港公社、国際線復活にインセンティブ提供

韓国空港公社、国際線復活にインセンティブ提供

22日、ソウル市江西区(カンソグ)の韓国空港公社で開かれた旅行業界招請懇談会©MONEYTODAY

韓国空港公社はこのほど、旅行会社8社と国際線の回復策に伴う国際線の運航再開計画を共有し、協力方法を講じたと発表した。

韓国空港公社のユン・ヒョンジュン社長は22日、ソウル市江西区(カンソグ)本社で旅行業界の代表者を招待し、航空と観光を連携させた旅行商品の活性化策、観光現場の困難さと障害要因などについて意見を交わした。韓国観光公社、韓国観光協会中央会、ハナツアー、モドゥツアー、黄色い風船、ロッテジェイティービー、韓進(ハンジン)観光、韓国楽天トラベル代表らが参加した。

公社は国際線需要の回復のため、国際線の乗客1人当たり1万ウォン、1路線当たり最大1500万ウォンを支援する「リスタート(Re-start)」インセンティブ制度を施行することにした。旅行会社は航空旅行商品の開発と集客の推進、韓国観光公社は空港と連携した旅行商品の支援拡大を約束した。

公社は旅行会社、航空会社、免税店など利害関係者と持続的に協力方案を論議している。国際線運航に備えた全国7つの国際空港準備態勢の点検と、路線再開の相互協力のための海外空港CEOリレー懇談会も進行中だ。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular