2024 年 6月 21日 (金)
ホーム社会韓国男性、元彼女を暴行・死なせる事件…加害者の親が遺族を激怒させた「けしからん」ひと言

韓国男性、元彼女を暴行・死なせる事件…加害者の親が遺族を激怒させた「けしからん」ひと言

JTBC「事件班長」キャプチャー(c)news1

別れたガールフレンドに暴行して死亡させた20代男性の親が、遺族に伝えた発言が公開され、批判が上がっている。

韓国の放送局JTBC「事件班長」(14日)によると、韓国男性のキム氏は、元交際相手の女性、イ・ヒョジョンさんが、自分と会ってくれないことに不満を募らせ、先月1日午前8時ごろ、イさんの慶尚南道巨済市の部屋に侵入し、イさんの顔と頭を拳で数回殴って首を絞めるなど暴行した。イさんは頭を強く打ち、病院で治療を受けたが、まもなく死亡した。

警察は翌日、キム氏を傷害致死の疑いで緊急逮捕した。

キム氏とイさんは2022年から最近まで、出会いと別れを繰り返していたが、事件当時は別れた状態だった。警察は今回の事件までに2人の間に、計12件の暴力関連申告があったことを確認した。

イさん父親によると、イさんが暴行を受けて入院した日に、キム氏の親が訪ねてきた。そして「とりあえず、申し訳ないことになった」と話したという。

当時、イさんの父親は、キム氏の父親に「うちの娘を暴行したのは一度や二度ではなく、たくさん負傷した。到底許されない。罪の償いを求める」と伝えた。すると、キム氏の父親は「あたながお望みなら、そうしてください」と答えたという。

イさんの父親は「加害者の親なのに本当に腹が立つ。まるで他人事のような態度だった」と憤った。イさんの遺体の解剖結果が出ておらず、葬儀はまだ開かれていない。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular