2024 年 7月 25日 (木)
ホーム国際韓国旅行サイトとウェブ漫画、米ナスダックに挑戦…韓国ネット通販の成功神話、再来なるか

韓国旅行サイトとウェブ漫画、米ナスダックに挑戦…韓国ネット通販の成功神話、再来なるか

ニューヨーク証券取引所=イメージトゥデイ(c)KOREA WAVE

韓国旅行サイト運営の「ヤノルジャ」と漫画配信サービス「ネイバーウェブトゥーン」が、米ナスダックへの上場を目指している模様だ。米ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場した韓国ネット通販大手「クーパン」の成功神話を、ヤノルジャとネイバーウェブトゥーンが継承できるかに市場の関心が高まっている。ただし、一部では成長が鈍化し、クーパンのように上場後に株価が下落する恐れがあるとの見方もある。

関連業界筋は20日、ヤノルジャが早ければ来月中に米国で新規株式公開(IPO)に乗り出す予定だと明らかにした。米ブルームバーグ通信は、ヤノルジャの企業価値を70億~90億ドルと見積もったことがある。

ネイバーウェブトゥーンの北米法人「ウェブトゥーンエンターテインメント」は先月31日、米証券取引委員会(SEC)に上場のための証券報告書を提出した。ウェブトゥーンエンターテインメントの筆頭株主はネイバーで、全体の63.4%を保有する。

証券報告書によると、公募価格は1株当たり18~21ドルだ。計1500万株を公募し、最大3億1500万ドルを調達する見通しだ。上場後の時価総額は最大26億7000万ドルと予想される。上場が完了すれば、ウェブトゥーンエンターテインメントは銘柄コードWTBNで取引される予定だ。

◇クーパンの「成功神話」を継承できるか

米国証券市場に上場して企業価値を高く評価されたクーパンの先例があるだけに、ヤノルジャとネイバーウェブトゥーンにも関心が集まる。

クーパンは2021年3月11日、1株当たり公募価格35ドルでナスダックでの取引を開始した。始値は公募価格に比べ81.4%高い63.5ドル。この日、株価は69ドルまで急騰し、最終的に49.25ドルで取引を終えた。公募価格と比べ41%値上がりした価格だ。終値でクーパンの時価総額は886億5000万ドルとなり、韓国ウォンでは100兆ウォンを超えた。

赤字状態で上場したクーパンは、その後黒字転換に成功した。2022年第3四半期には初めて四半期黒字転換を、昨年は年間黒字を達成した。

クーパン(c)KOREA WAVE

◇成長鈍化で下り坂

しかし、クーパンの株価は下り坂をたどった。18日の終値は20.39ドルで公募価格に比べ41.7%下がった。始値と比べると67.9%下落した。ブランド衣料品の通販を手掛ける英ファーフェッチの買収費用と中国のeコマース企業の韓国進出が原因に挙げられる。

ヤノルジャとネイバーウェブトゥーンも成長の鈍化が共通の懸念要素だ。

ヤノルジャの第1四半期の連結売り上げは1947億ウォンで、対前年同期比30%増だ。営業利益は149億ウォンで、同期間黒字転換に成功した。予約手数料、広告などを含めたプラットフォーム部門の売り上げが868億ウォンで、全体売り上げの44.6%を占め、インターパークトリプルの売り上げが701億ウォン(36%)、クラウド部門が444億ウォン(22.8%)だった。

ヤノルジャの昨年の営業利益率は0.22%で、2021年に17.9%を記録した後、引き続き下落した。2022年にヤノルジャは売り上げ6030億ウォン、営業利益138億ウォンで、営業利益率は2.3%だった。

ヤノルジャの関係者はナスダック上場に関して「答えられることがない」と話した。ただし、低い収益性については「ソリューション部門投資の影響で昨年第1~第2四半期に赤字が発生したが、第3四半期から黒字を出すなど成長している」と説明した。

ネイバーウェブトゥーンのキム・ジュング代表(c)KOREA WAVE

ネイバーウェブトゥーンは産業成長の鈍化が予想される。 ネイバーによると、ウェブトゥーンエンターテインメントの昨年の売上高は802億ウォンで、前年(1035億ウォン)に比べ22.5%減少した。昨年の売り上げ成長率は19.7%を記録したことから考えると、大幅な減少だ。

未来アセット証券によると、グローバルウェブトゥーン産業は、コロナの影響が本格化した2020年に爆発的な成長を遂げた後、成長の勢いが鈍化した。

未来アセット証券のイム・ヒソク研究員は「ウェブトゥーン産業はグローバル利用者の年齢層拡大に困難があるのと、コンテンツ供給量の鈍化の影響で成長の勢いが停滞している」と分析した。

イム研究員は、ウェブトゥーンエンターテインメントの上場がネイバーの実績や株価を引き上げる可能性は低いとみている。イム研究員は「上場後、短期間にコンテンツの売り上げ成長率を反騰させることは難しく、ラインヤフーの不確実性と中国コマースの脅威は相変わらずだ」と説明した。

(c)KOREA WAVE

RELATED ARTICLES

Most Popular