2024 年 6月 19日 (水)
ホーム政治韓国政府、キムチ漬けシーズン費用負担、大幅減

韓国政府、キムチ漬けシーズン費用負担、大幅減

10月4日午前、ソウル市瑞草区(ソチョグ)のスーパーで白菜を購入する市民ら©NEWSIS

韓国政府がキムジャン(キムチ漬け)シーズンの財布の負担を減らすため、主材料である白菜と大根の需給状況を点検し、供給減少が懸念される唐辛子、ニンニク、玉ねぎなどの品目の備蓄物量を供給して価格安定を図る。

全国820余りのスーパーと在来マーケットでは3万ウォンを限度に最大30%割引販売し、キムジャン材料の購入時にオンヌリ商品券払い戻しと割引でサポートする。

農林畜産食品省はキムジャン・シーズンを前に海洋水産省、中小ベンチャー企業省とともに、主要キムジャン材料の安定的供給と購入費用軽減など「2022年キムジャン材料需給安定対策」を発表した。

キムジャンはおおむね、江原(カンウォン)・京畿(キョンギ)地域で11月上旬から始まり、忠清道(チュンチョンド)と慶尚道(キョンサンド)・全羅道(チョンラド)圏に広がり、12月下旬に終える。韓国農水産食品流通公社(aT)によると、主なキムジャン材料は白菜、大根、唐辛子粉、ニンニク、長ネギ、ワケギ、玉ねぎ、生姜、からし菜、セリ、梨、粗塩、海老の塩辛、カタクチイワシの魚醤など14品目だ。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular