2024 年 5月 24日 (金)
ホーム社会韓国女性の国際結婚1位は「ベトナム人男性」だと?…「国籍ロンダリング」頻発

韓国女性の国際結婚1位は「ベトナム人男性」だと?…「国籍ロンダリング」頻発

(写真=gettyimagesBank)(c)MONEYTODAY

韓国人女性の国際結婚相手1位がベトナム人男性であることが法務省出入国・外国人政策本部の集計でわかった。ただ、これは韓国人男性と結婚して国籍を取得したベトナム人女性が、離婚後にベトナム人男性と再婚するいわゆる「国籍ロンダリング」のためだという指摘もある。

集計によると、先月の結婚による移民者は1万3905人。このうち6392人がベトナム国籍者で、全体の半分を占めた。性別で見ると、ベトナムからの結婚移民者は女性5624人、男性768人だった。女性がほとんどだが、男性も他の国と比べると多い数字だ。この期間、国際結婚した米国人男性は359人、中国人男性は351人、日本人男性は127人だった。今年1月もこれとほぼ同様の人数だ。

しかし、ベトナム男性の韓国での結婚相手はほとんどがベトナム出身で、韓国に帰化した女性だ。ベトナム人女性が韓国人男性と結婚して韓国国籍を取得した後、離婚してベトナム人男性と再婚すれば、この男性も韓国国籍を持つことになる。統計庁の資料によると、昨年、韓国人男性とベトナム人女性の婚姻届は3319件だ。このうち初婚は2250件、再婚は1069件だった。

反対にこの年、韓国人女性とベトナム人男性の婚姻件数は586件で、このうち再婚は約95%の556件で、初婚はわずか30件に過ぎなかった。実際、国際結婚オンラインカフェなどでベトナム人妻が韓国国籍を取得した後、子供を置いて家出し、離婚したという話が出てくる。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular