2024 年 5月 19日 (日)
ホーム政治韓国大田市、室内マスク「義務解除」方針、中央とねじれ

韓国大田市、室内マスク「義務解除」方針、中央とねじれ

マスクを外す市民のイメージ写真(c)news1

韓国大田(テジョン)市が地方自治体としては初めて、室内でのマスク着用義務を解除する方針を掲げ、その実現可能性に関心が集まっている。

大田市はこのほど、新型コロナウイルス中央災難安全対策本部に対し、室内マスク着用義務化措置を今月15日までに解除するよう建議した。

仮に韓国政府が措置を解除しなければ、大田市だけでも行政命令によって義務を解除し、来年1月から、室内でのマスク着用は市民の自主性に任せるという意向も伝えた。

マスク着用義務に関連して、中央政府と異なる見解を示したのは大田市が初めて。

大田市の方針は、イ・ジャンウ(李庄雨)市長の海外出張経験が大きかったという。イ市長は今年9月、米欧出張後の幹部会議で「トルコではマスクをずいぶん前に外したという。米欧も同じだ。実効性の低い室内マスクでの着用は、個人の選択に任せるのが正しい」と述べていた。

大田市は約1カ月間、対策を協議した結果、行政命令によって、自主的に防疫措置を取ることができると判断したという。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular