2024 年 6月 23日 (日)
ホーム経済韓国大手の今年度配当金、サムスン電子会長が200億円で1位キープ

韓国大手の今年度配当金、サムスン電子会長が200億円で1位キープ

(c)NEWSIS

実績悪化と景気低迷で、韓国の主要大企業が2022年度に支給する決算配当規模を前年より減らしたことがわかった。配当金が最も減少した企業はSKハイニックス。一方、イ・ジェヨン(李在鎔)サムスン電子会長はサムスン系列会社から1991億ウォン(約208億円)の決算配当金を受け取り、配当1位の座を守った。

企業分析研究所リーダーズインデックスが、13日までに決算配当金を支給した時価総額上位50社の上場企業を分析。その結果、2022年決算配当金は計15兆6667億ウォン(約1兆6400億円)で、前年度の18兆1448億ウォンに比べて13.7%減少した。

企業別配当金は▽サムスン電子(2兆4530億ウォン)▽現代自動車(1兆5725億ウォン)▽起亜自動車(1兆4033億ウォン)▽LG化学(7831億ウォン)▽ハナ金融持株(7435億ウォン)――の順だ。

SKハイニックスは前年の1兆589億ウォンから80.5%減の2063億ウォンを配当議決した。続いて▽LG生活健康(66.6%減)▽ポスコホールディングス(59.9%減)▽ロッテケミカル(58.2%減)――などの減少幅が大きかった。

一方、原油高で実績が大きく伸びたSKイノベーションは128.4%増の4816億ウォンとなり、▽現代オートエバー(62.9%増)▽現代自動車(51.1%増)▽現代グロービス(50.0%増)――などが続いた。

個人別に見ると、サムスン電子のイ・ジェヨン会長がサムスン系列5社から1991億ウォン(約208億円)を受け取った。前年より22.7%減少したが、依然として2000億ウォンに迫る金額だ。

これに現代自動車グループのチョン・ウィソン会長が1033億ウォンで続き、ホテル新羅のイ・ブジン社長が932億ウォンで3位だった。

(c)NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular