2024 年 6月 13日 (木)
ホーム社会韓国大企業の3分の2でトップより親族の持ち分多く…「経営権争いの火種」

韓国大企業の3分の2でトップより親族の持ち分多く…「経営権争いの火種」

(c)NEWSIS

韓国の大企業グループ3社のうち2社は、1人のトップより親族の持ち分率が高いことがわかった。相続や贈与の過程で持ち分が割れたためだ。ただし経営権紛争がなかったグループではトップの内部持ち分が親族の持ち分より高かった。その代表がサムスンやLGだ。

企業分析研究所のリーダーズインデックスが公正取引委員会指定81大企業集団のうち、トップが創業2世以上の企業グループ35社に対して内部持ち分率を分析した結果、62.9%に当たる22グループがトップの内部持ち分率より親族が高かった。

大企業グループの資本金比内部持ち分率の平均(2018年)はトップが3.68%、親族が3.93%。今年はトップの内部持ち分率が0.24ポイント下がった3.44%であるのに対し、親族は1.93ポイント上昇した5.86%だった。

リーダーズインデックスはこの5年間、経営権継承が進行し、相続や贈与が発生したのが原因だと分析した。

この5年間に、トップが代わった▽サムスン(2018年)▽現代(2021年)▽LG(2019年)▽ロッテ(2019年)▽韓進(2019年)――など8グループのうち、サムスンとLGを除いた6グループはトップの内部持ち分率が親族より低かった。

サムスンは2018年にイ・ジェヨン会長がトップになる時、内部持ち分率が0.3%だったが、相続と共に今年は0.55%と0.25ポイント上昇した。一方、親族の内部持ち分率は0.65%から0.47%に下落した。

LGも2019年にク・グァンモ会長のトップ指定以後、持ち分率が1.30%から1.53%に上昇したのに対し、親族は2.55%から1.13%に下がった。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular