2024 年 5月 23日 (木)
ホーム政治・社会・経済韓国原発産業が3兆ウォン規模のエジプトプロジェクト受注

韓国原発産業が3兆ウォン規模のエジプトプロジェクト受注

©news1

韓国産業通商資源省は25日、韓国電力公社の子会社・韓国水力原子力が、3兆ウォン規模のエジプト「エルダバ(EL Dabaa)」原発建設プロジェクトを受注したことを明らかにした。

エルダバプロジェクトはエジプト原子力庁が発注し、ロシアASE社(ロサアトム子会社)が受注したエルダバ地域の1200メガワット級原発4基の建設事業。韓国は原子炉ではなく、原発建設で使われる資機材の供給と発電部門のタービン施工に携わることになる。

韓国の原子力産業は脱原発政策により先行きの不透明感があった。新ハンウル原発3・4号機建設再開、チェコのドゥコバニ(Dukovany)原発の入札参加などを進めているが、受注確定や着工までは少なからず時間がかかる。

それゆえ韓国の原子力産業は、短期での参入が可能で、3兆ウォン規模となるエルダバ原発建設事業受注に対し、「干ばつに恵み雨」のような期待を寄せている。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular