2024 年 2月 23日 (金)
ホーム経済IT/メタバース韓国企業が社内カフェで「ロボット配送」サービス開始

韓国企業が社内カフェで「ロボット配送」サービス開始

(写真=カカオモビリティ提供)(c)MONEYTODAY

韓国のカカオモビリティが、ロボット配送のためのプラットフォームを構築し、これを活用して自社のカフェで飲料配送サービスを展開する。社員が注文アプリで飲み物を注文すれば、配送ロボットが届けてくれる仕組みだ。

配達はLG電子のロボットクロイ(CLOi)が担う。カカオモビリティは昨年6月、LG電子とモビリティ分野の技術について業務提携し、自動運転ロボット配送サービスの計画を進めていた。

カカオモビリティが開発したロボットプラットフォームはさまざまな注文をロボットが理解できる形で規格化した。需要と供給のマッチングを最適化し、各ロボットが多様な形態の注文を処理できるように支援した。

今後、ロボットプラットフォームに高精度地図の製作技術を付加し、自動的に更新できる仕組みを作る。その上で、郵便物配送・F&B(フード&ベーカリー)配送・手荷物配送などのサービスと結合できるオープン型ロボットプラットフォームの構築も計画している。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular