2024 年 4月 20日 (土)
ホーム特集SDGs~韓国の取り組み韓国企業「100%天然原料」の食器でプラスチック代替

韓国企業「100%天然原料」の食器でプラスチック代替

(写真提供=自然同化)(c)MONEYTODAY

韓国でプラスチックを使わず穀物で食器を製作する「環境にやさしいスタートアップ」が注目されている。トウモロコシデンプン、たんぱく質、セルロースなど100%天然原料で作った食器を生産し、プラスチック容器の代替を目指している。

韓国環境省は昨年11月、食堂、カフェなどで使い捨て用品の使用を禁止した。多くの食堂で環境にやさしいリユーザブル用品に代替しているが、実は100%環境にやさしい製品はそれほど多くない。原料に少量のプラスチックが入ったり、焼却する際、ダイオキシンなど有害物質を排出したりする製品も多い。

慶尚南道(キョンサンナムド)金海(キメ)のスタートアップ「自然同化」は2021年、リサイクル食器製品の「穀物陶磁器」を発売した。穀物陶磁器はトウモロコシデンプン、たんぱく質、セルロースなど100%天然原料で作った食器だ。

穀物陶磁器は穀物デンプンを高温・高圧で望んだ形の模型を作って、凝固させて作る。天然物質で作られており、プラスチックと違って人体に無害だ。焼却過程で有害物質も発生せず自然分解される。製品用途ごとに時間が異なるが、1~3分で食器1個を生産できる。

紙ストローなど従来のエコ製品は耐久性や耐熱性がやや劣るという指摘が多かった。だが、穀物陶磁器は生分解が容易な天然高分子に高温・高圧を加えて作られており、既存プラスチック容器くらいの硬い耐久性と耐熱性を持っている。

自然同化は韓国中小ベンチャー企業省の「素材・部品・装備スタートアップ100」支援事業に選定され、穀物陶磁器の性能実験を実施した。主管機関であるソウル創造経済革新センターから約2億ウォン(約2104万円)の事業費を受け取り、穀物陶磁器の新製品2種を発売し、穀物基盤の食器製造技術に対する特許も出願した。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular