2024 年 2月 29日 (木)
ホーム政治韓国人、27歳から黒字人生、61歳で再び赤字に…43歳の所得ピーク

韓国人、27歳から黒字人生、61歳で再び赤字に…43歳の所得ピーク

(c)news1

韓国国民の人生は平均27歳で「黒字」期に入り、61歳から「赤字」期になる――。韓国の統計庁が11月28日、国民のライフサイクルをこんなふうに見立てた「2021年国民移転勘定結果」を発表した。

これによると、2021年の国民の総消費は1148兆8000億ウォン(1ウォン=約0.114円)、労働所得は1040兆ウォンで計108兆8000億ウォンの赤字が発生した。

こうした数字は「経済的ライフサイクル」と呼ばれ、消費、労働所得やその差額であるライフサイクル赤字で構成。個人が現在の労働を通じて消費を充足できるかを示す。例えば労働所得より消費が多ければライフサイクル赤字ということになる。

韓国では1人当たりのライフサイクル赤字が17歳の時に3527万ウォンで最大となり、27歳で労働所得が消費より多い黒字に転換。43歳の時に1792万ウォンで最大黒字を記録する。そして61歳から再び赤字に転換する。

黒字になる年齢は2010~2021年までを見ると、おおむね27~28歳で一定している。

一方、高齢層の社会活動が増加していることから再び赤字に転換する年齢は次第に高くなっており、2010年の56歳が2020年には61歳となり、2021年も同じだった。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular