2024 年 6月 14日 (金)
ホーム政治韓国・3億円超え死亡保険加入時の確認強化…保険金詐欺防止

韓国・3億円超え死亡保険加入時の確認強化…保険金詐欺防止

(c)MONEYTODAY

韓国金融当局が保険金詐欺防止のために被保険者確認などを強化するよう制度を改正する。30億ウォン(約3億円)を超える死亡保険に加入した場合、対面確認と家族関係確認などで詐欺目的の保険加入を防止する計画だ。

金融当局によると、金融監督院は他の人が高額の死亡保険を契約する場合、被保険者に対面確認するなどの内容を「保険詐欺予防模範規準」に加えることにした。業界から意見を聴取した上で来月から適用する。

金融当局は、契約審査と販売、支給審査の過程で本人認証と保険会社間の情報共有を強化する内容も模範規準に追加した。他の保険会社の情報も積極的に活用することを保険会社に要請する方針だ。

特に、同一被保険者の死亡保険金加入金額が合計30億ウォンを超えれば、契約者と被保険者間の家族証明、本人認証手段の確保が必要になる。

被保険者が署名で保険に同意した場合、直接対面などを通じて本人確認を強化しなければならない。

昨年の保険金詐欺の摘発金額は前年比14.7%増の1兆818億ウォンで過去最大規模だ。摘発人数も10万人を超えている。特に殺人、傷害などの保険金詐欺は最近3年間で134億ウォンに達している。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular