2024 年 4月 21日 (日)
ホーム政治韓国・病院の混乱「救急車で1時間患者降ろせなかった」…救急救命士も「救急室麻痺」に悔しさ

韓国・病院の混乱「救急車で1時間患者降ろせなかった」…救急救命士も「救急室麻痺」に悔しさ

写真は記事の内容とは関係ありません(c)news1

韓国政府による医学部増員方針が思わぬ波紋を呼んでいる。

政府方針に反発する専攻医が集団離脱した直後の20日午後、救急救助士のA氏はソウル大学病院の救急センター前でいらだちを見せていた。

「少し前に救急患者が一人やって来て、心肺蘇生法で処置した。看護師が来て、今救急車の中で患者を見ている状況だ」とし、「患者がまだ救急車から降りていない。外でもう1時間も待っている」と語った。

ソウル「ビッグ5」と呼ばれる主要大学病院の専攻医らが集団で休診を宣言した。医師がおらず、救急救命室はすぐに飽和状態になった。

ソウル峨山病院の救急室前には前日(19日)に続き、この日も「救急室病床が飽和状態で診療不可」という立て看板が立てられた。救急救命室の前には、男性患者1人が病床に横になったまま待機し、他にも患者7人が一列に並んで待っていた。

患者移送業務をするイム某氏は「今日、医師たちの姿をほとんど見ていない」とし、「多くの患者たちが退院し、診療も先送りされた。仕事が3分の1に減った」「今、正常に運営されているところは採血室や映像医学科、消化器内科くらいだろう」と語った。

教授や看護師らが、抜けた専攻医の業務を一部引き継いでいるが、ストライキの長期化が予想され、事態は深刻化しそうだ。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular