2024 年 7月 25日 (木)
ホーム政治韓国・小学生が教頭に平手打ち…教員らに謝った教育監「このようなことが起きないようにする」

韓国・小学生が教頭に平手打ち…教員らに謝った教育監「このようなことが起きないようにする」

小学校を訪れたソ・ゴソク全羅北道特別自治道教育監ら=全羅北道教育庁提供(c)news1

韓国全羅北道(チョルラブクド)のソ・ゴソク特別自治道教育監が7日、教権侵害問題が起きた全州市(チョンジュシ)の小学校を訪れ、「今後このようなことが起きないようにする」と教員たちを慰めた。

問題の事案は3日午前に発生。児童が教頭をののしったうえ、何度も頬を叩いたり、腕をかんだりした。また、これを知った母親が小学校に乗り込み、担任教師の腕を殴った。

この児童は問題を起こして転校を7回も繰り返しており、強制転校の措置も2回受けたことがある。

学校関係者は「児童が転校してきて以後、ほとんど毎日このようなことが発生した。子どもの母親とも数回面談をしたが無駄だった」と話した。

ソ・ゴソク教育監は「被害教員がこれ以上苦痛を受けることなく、正常な教育活動がなされるよう全ての措置を取る」と約束した。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular