2024 年 2月 29日 (木)
ホーム社会韓国・大学テストの監督官を脅したのはスター講師だった…「1人デモ、すみません」

韓国・大学テストの監督官を脅したのはスター講師だった…「1人デモ、すみません」

修能の試験開始を待つ受験生(写真共同取材団)(c)news1

韓国の大学修学能力試験(修能)に絡み、受験生の不正を摘発した監督官を威嚇した保護者が、「刑事法の帝王」と呼ばれる有名講師だったことがわかった。この講師はこのほど、自分が運営する警察公務員カフェで「申し訳なく恥ずかしい」と謝罪した。

11月16日、ソウルの高校教師である監督官が試験終了ベルが鳴った後も答案を書き続けていた受験生を不正行為として摘発した。すると翌日、その受験生の保護者が監督官が勤務する高校を訪れ、「教職を辞めさせる」と言って1人で抗議行動を始めた。

講師はカフェで「ひたすら先生に申し訳ない。過ちを悔いたい」と反省の意を示した。一方で、娘が終了ベルの鳴った後に答案を書き続けた事実は否定し「不正行為はなかった」と主張している。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular