2024 年 5月 26日 (日)
ホーム社会韓国・ビル最上階火災で出動の警官、お年寄り背負って13階を駆け下りた

韓国・ビル最上階火災で出動の警官、お年寄り背負って13階を駆け下りた

先月15日、キム・ドンヒ警査が、80代のお年寄りを背負って避難する様子(釜山北部警察署提供)(c)news1

ビル火災の現場に飛び込み、体が不自由な女性(80代)を背負って13階から駆け下りて助けた警察官の話が韓国で広まっている。

釜山(プサン)市北区(プクク)にあるオフィス・住宅複合ビル(15階建て)で先月15日午前4時39分ごろ、最上階の食堂で火災が発生した。通報を受けて釜山北部警察署の警察官らが出動し、住民らを避難させるために12~14階の各世帯を回った。

この過程で、同署のキム・ドンヒ警査(巡査部長に相当)=37歳=が「13階で一人暮らしをしているおばあさんが体が不自由だ」と聞いて13階に駆けつけて、廊下にいたその女性を見つけた。

当時、火災によってエレベーターは作動せず、キム・ドンヒ氏は、女性を背負い、煙が立ち込める階段を使って建物を駆け下りて救助した。

女性は昨年股関節骨折の手術を受けていて、歩行補助器具がないと動きにくい状態だった。

火災は約40分で鎮火した。食堂の厨房の一部が焼けたが、人的被害はなかった。

女性は療養保護士の助けを借りて、釜山警察庁ホームページ内の「ありがとう!釜山警察」コーナーに感謝の意を表した。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular