2024 年 7月 13日 (土)
ホーム経済IT/メタバース韓国ブロックチェーンの2人、フォーブス「30歳以下のアジアリーダー」に

韓国ブロックチェーンの2人、フォーブス「30歳以下のアジアリーダー」に

©news1

米経済専門誌フォーブスは26日、金融やベンチャーキャピタル部門で、今年影響力のある30歳以下のリーダーを選んだ。その中に韓国ブロックチェーン業界リーダー2人が含まれ、話題になっている。

1人は、暗号通貨金融サービスを提供するブロックチェーン企業「ハイパーリズム(Hyperithm)」のイ・ウォンジュン代表、もう1人はグローバルブロックチェーン投資会社「ハッシュド(HASHED)」のパク・ヒョンジュン審査役だ。

ハイパーリズムは2018年1月に設立された会社で、東京に本社がある。韓国に支社を置き、法人・適格投資家を対象に暗号通貨投資信託や仲介事業のブローカレッジを運営している。今年3月、コインベース(Coinbase)が投資した韓国唯一のスタートアップとしても注目を集めた。

イ・ウォンジュン代表は「高校3年生の時に初めて創業し、約10年間スタートアップに従事している。このような創業家精神とともに、ハイパーリズムで4年間、着実に事業を進めてきた点を高く評価していただいた。光栄だ」と感想を述べている。

ハッシュドは2017年からグローバル市場で多数のブロックチェーン技術や脱中央化プロジェクトに参加している。カカオやネイバーなど韓国国内の大手会社から投資を受けて注目を集めた。

審査役のパク・ヒョンジュン氏は米ペンシルバニア大ウォートンスクールを卒業している。ハッシュドで暗号通貨投資業務を引き受ける前、ハンファベンチャーキャピタルとシティグループに勤めた。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular