2024 年 6月 13日 (木)
ホーム経済半導体韓国サムスン電子、現金保有33兆ウォン減少…半導体回復「切実」

韓国サムスン電子、現金保有33兆ウォン減少…半導体回復「切実」

サムソン電子社屋(c)news1

韓国サムスン電子の現金保有額が大幅に減っている。半導体事業への投資によるものだが、景気低迷が続くなかで半導体事業の赤字が長期化すれば、安定的な現金流動性が確保できなくなるのではないかとの指摘もある。

第3四半期(7月~9月)のサムスン電子の現金保有額は83兆5000億ウォン(1ウォン=約0.11円)。10年以上、年平均7兆~8兆ウォンずつ増えてきたが、減少傾向に転じた。

特にこの1年は、半導体部門の赤字長期化にもかかわらず投資を続け、33兆3000億ウォンも減少した。

サムスン電子は高帯域メモリー関連設備と先端パッケージング後工程に先行投資し、顧客の確保を優位を勧める戦略を展開した。しかし、収益性の多角化が遅れ、現金保有額が減少し続けている。

同社は投資財源調達のために子会社や海外法人で借り入れと配当を並行して進めており、財務安定のために半導体部門の実績回復が急がれている。

(c)NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular