2024 年 2月 23日 (金)
ホーム経済韓国カード会社の「びっくり実績」

韓国カード会社の「びっくり実績」

©news1

韓国のカード会社各社が昨年、新型コロナウイルス感染以後、萎縮した消費心理が回復し、驚くべき実績を出した。しかし、今年はカード業界の見通しが暗く、全般的に配当を縮小する雰囲気だ。

金融界によると、昨年実績を発表した7つの専業カード会社(新韓・KB国民・サムスン・ハナ・ロッテ・ウリ・BCカード)の当期純利益は約2兆4391億ウォン(約2兆4391億ウォン)で、前年比35.12%増加した。

業界1位の新韓カードの昨年の当期純利益は、6750億ウォンと、前年比11.29%伸びた。サムスンカードは前年比38.18%増の5510億ウォンを、KB国民カードは前年比29.01%増の4189億ウォンを記録した。

ハナカードとウリカードは、前年比それぞれ62.14%と66.95%増の2505億ウォンと2007億ウォンの好実績を記録した。BCカードも、前年比45.81%増の1016億ウォンを示した。

ロッテカードの場合、当期純利益が2414億ウォンを記録して、前年対比84.64%増加した。ロッテカード関係者は「MBKパートナーズ買収後に発売したロカシリーズを含め、商品競争力強化、カード・非カード金融資産増大、運営効率性改善で当期純益が増えた」と説明した。

現代カードは昨年の実績をまだ発表していないが、実績改善が予想される。現代カードの昨年第3四半期基準の累積純利益は計2506億ウォンと、2020年全体の純利益の2446億ウォンより多かった。
©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular