2024 年 5月 22日 (水)
ホームエンターテインメント韓国エンタメ企業、米コロムビア・レコードとパートナーシップ

韓国エンタメ企業、米コロムビア・レコードとパートナーシップ

韓国のアイドルグループ「IVE(アイブ)」 (c)news1

韓国の総合エンターテインメント企業「カカオエンターテインメント」は24日、北米の現地法人カカオエンターテインメント・アメリカとソニーミュージック傘下の米レコードレーベル「コロムビア・レコード」がパートナーシップを締結し、グローバル市場攻略に本格的に乗り出すと明らかにした。

コロムビア・レコードの北米での音楽事業力を土台に、カカオエンターテインメントの音源流通ネットワークを拡張し、グローバルな競争力を強化する狙いがある。

手始めに、コロムビア・レコードは、カカオエンターテインメント傘下レーベル「スターシップエンターテインメント」所属の韓国のアイドルグループ「IVE(アイブ)」の北米進出などのマネジメントを引き受け推進する。

4月10日に公開される初のフルアルバム「I’ve IVE」はもちろん、今月27日公開のプレリリース曲「Kitsch」のグローバル音源流通と北米現地マーケティング、プロモーションなどを支援する。

カカオエンターテインメントは、IVEに続いて傘下レーベル所属アーティストの進出を推し進め、音楽部門の世界に向けた事業拡張を加速する。現地法人を通じて有力エンタメ企業や専門家とのパートナーシップを構築し、グローバルなマネジメントシステムを確立する方針だ。

カカオエンターテインメント・アメリカの代表は、グローバル戦略担当(GSO)のチャン・ユンジュン氏が務める。チャン・ユンジュン氏は「カカオエンターテインメントの音楽事業の競争力を一層強化し、強固なグローバル成長の土台をつくっていく」と語っている。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular