2024 年 2月 21日 (水)
ホーム国際韓国への移民・トップは中国人、2位は意外なあの国

韓国への移民・トップは中国人、2位は意外なあの国

©MONEYTODAY

韓国はいま、少子高齢化による人口減少の危機に見舞われている。その代案として挙げられるのが、移民者の流入。昨年、韓国に移民した外国人はどの国の出身者が多いだろうか。

2021年の永住資格取得者現況によると、昨年、新型コロナウイルスで国家間移民が円滑でなかったにもかかわらず、計1万988人の外国人が韓国で永住資格を取得した。

その中で、中国人が9242人と圧倒的な1位を記録した。ウズベキスタンが412人で2位、ロシア人が287人で3位だった。ベトナム人が177人、米国人が142人が続いた。旧共産圏出身が韓国移民を好むことも明らかになった。

韓国の昨年の「合計出産率」は0.81人。女性1人が生涯子供の数が1人にも満たない。今年は0.7人台に突入する見通しだ。働き盛りの15~64歳の人口も急減する「人口絶壁」を迎えている。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular