2024 年 6月 16日 (日)
ホーム政治・社会・経済韓国の17%が赤字世帯

韓国の17%が赤字世帯

©news1

韓国金融研究院は8日、「家計財務状態が赤字世帯の特徴と改善方向」報告書で、同国の約17%が赤字世帯という実態を明らかにした。

韓国では、所得から必須支出や融資元利金の返済額を差し引いた値がマイナスになる場合、「赤字世帯」と定義する。同研究院が昨年の家計金融福祉調査資料に基づき計算した結果、全国2052万世帯のうち、17.2%にあたる354万世帯が赤字だった。

報告書は、これら赤字世帯では年平均所得4600万ウォンのうち4500万ウォンが元利金の償還で消えていくと分析している。必須消費支出は2400万ウォン、利子以外の非消費支出は900万ウォンだった。元利金償還額が所得の98%を占め、最大の赤字要因となった。

所得対比貸出比率(LTE)が5倍以上の「高LTI世帯」は84万世帯で、金融負債がある世帯(1200万世帯)の7.1%に達した。「高LTI」世帯の平均金融負債は4億ウォンで、金融負債がある世帯の平均負債額(1億1000万ウォン)に比べ4倍ほど多かった。高LTI世帯のうち赤字世帯は52万世帯で61.5%を占めた。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular