2024 年 6月 23日 (日)
ホームエンターテインメントウェブトゥーン韓国の漫画・ウェブトゥーン、昨年上半期輸出70%↑…K-コンテンツで存在感

韓国の漫画・ウェブトゥーン、昨年上半期輸出70%↑…K-コンテンツで存在感

パク・テジュン漫画会社ホームページ(c)MONEYTODAY

ウェブトゥーンなど韓国漫画産業が2023年上半期の輸出額を大幅に増やし、K-コンテンツ海外進出分野で頭角を現した。漫画やアニメーションが売り上げ高規模でコンテンツ産業で占める割合は小さいが、音楽・映画など他の分野より輸出増加傾向が著しかった。

韓国コンテンツ振興院によると、2023年上半期の国内コンテンツ産業11分野の売上高は、前年(2022年)同期比2.5%増の約69兆3000億ウォンを記録した。出版が12兆1360億ウォンで全体17.5%を、音楽は6兆1380億ウォンで8.9%を占めた。漫画は1兆2490億ウォンで1.8%を記録した。

音楽分野の売上高は前年同期比15.2%、映画は12.3%それぞれ成長した。アニメーション(8.6%)、漫画(6.0%)産業も成長した。新型コロナウイルスの影響から回復したための傾向と分析された。音楽産業はK-POPファン層をベースにアルバム、フォトカード、写真集など関連商品の販売が増え、大型エンターテインメント会社を中心に成長した。

同期間、コンテンツ産業の輸出額は1.3%増の53億8597万ドルと推定された。ゲーム輸出が34億4600万ドル(64%)で最も多く、漫画は1.7%の約9000万ドルを達成した。特に増加率では漫画が71.3%を記録した。出版(31.7%)、音楽(29.2%)産業もそれぞれ30%前後増加し、国内コンテンツ産業の輸出拡大をリードした。

米国、欧州など海外市場にウェブトゥーン輸出が増加した影響が大きかった。ネイバーウェブトゥーンは2014年7月に英語サービスを開始し、昨年まで9年間事業を続けた。その結果、米国だけで1250万人の月間利用者(MAU)を確保したことがわかった。韓国コンテンツ振興院によると、「ウェブトゥーン不毛の地」だった米国市場でかなりの成果を上げたのだ。

韓国ウェブトゥーンは欧州にも進出、フランスウェブトゥーン市場の場合、2022年に韓国ウェブトゥーンプラットフォームが売り上げベースで1~5位を席巻した。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular