2024 年 6月 23日 (日)
ホームライフスタイルトラベル韓国の旅行、平日出発が5割超…週末に偏らず

韓国の旅行、平日出発が5割超…週末に偏らず

(c)NEWSIS

韓国のオンラインマーケット「Gmarket」が今年1月2~17日の海外航空券予約状況を分析した結果、予約人員は先月より84%増加し、平日出発の割合も50%を超えたことがわかった。特に人気があるのは日本。新型コロナウイルスの流行が始まってから3年ぶりに渡航制限が緩和され、平日の余暇を利用して日本や東南アジアなど近い国へ向かう旅行が増えていることを示した。

月曜日の出発割合は11%、火曜日12%、水曜日14%、木曜日15%。金曜日を含む週末出発は平均16%だった。Gmarketは「週末に偏らず時間がある時に出発している」と分析した。

年齢別では20~30代が48%で最も多く、20代の割合はコロナ禍前の2019年同期比5ポイント上昇した。40~50代は45%、60代以上は6%だった。

オフシーズンとオンシーズンの区分も曖昧になっており、オフシーズンの3~4月の出発割合は26%。2019年から4ポイント増えた。月別の出発は1月21%、2月34%、3月15%、4月11%、5月6%、6月4%、7~12月10%だった。

旅行先は日本、東南アジア圏が人気で1~3位は大阪、福岡、東京。2019年同期に比べ、大阪の予約人数は2倍以上(119%)増加し、福岡114%、東京53%も増加した。

4~10位まではバンコク、ダナン、札幌、ニャチャン、グアム、台北、ホーチミンの順だった。

(c)NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular