2024 年 6月 23日 (日)
ホーム政治韓国の室内マスク義務、早ければ来月にも解除

韓国の室内マスク義務、早ければ来月にも解除

屋外マスク着用義務が全面解除された9月26日午前、ソウル・光化門交差点でマスクを外して出勤する市民(c)news1

韓国政府が「室内マスク着用を自己判断に任せる」ためのスケジュールを月内に取りまとめる。早ければ来年1月、遅くとも同年3月には、未着用時に過料を課す強制措置が勧告に緩和され、室内マスク着用は個人の判断に委ねられることになる。

室内・外の義務化は2020年11月3日に始まった。新型コロナウイルス感染が国内に上陸した2020年1月からマスクが徐々に、外出必需品として登場し始めて、すでに3年が経った。

ペク・ギョンラン(白敬蘭)疾病管理庁長は7日のブリーフィングで「マスク着用には、さまざまな日常生活の不便が伴うのも事実であり、また調整を検討する時期であることも事実だ」と述べ、室内マスク着用義務措置を調整する方針を明らかにしている。

中央災難安全対策本部は15日の討論会と専門家諮問会議を経て、月内に最終調整案をまとめる。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular